スーパーで上手に買い物する2つのポイント。

Hello guys!

ゴースドコーストの夜はすっかり寒くなって夜は上着必須になりました。

気づけば前回の更新からしばらく… 時が経つのはあっという間や。笑

 

 

さて、今日はオーストラリアのスーパーについて紹介したいと思います。

オーストラリアのスーパーというとcoles か woolworths のほぼ二択ですね。

日本でいう、トップバリューアークスか、ですね。

 

皆さんに紹介するべく、今回はcolesに潜入してみましょう!

image

 

いざ、出陣んっ!!!!

 

 

 

imageimage

 

スーパーの入り口といえば野菜売り場。

包装済みの葉っぱからサラダまで幅広くあります。

image

 

驚きだったのが日本で普通に見かける野菜、ほうれん草やもやしなどが売ってない!

アジアンショップに行かないと手に入らない。

最近はリンゴや梨がたくさんあります。

 

 

パンコーナー

上のやつとかは袋にすら入っていない。

しけんないのかなぁ?

image

 

image

食パンは安いもので一斤約85円。助かります。

 

 

続いて肉コーナー。

日本との最大の違いわかるかな?

 

image

 

バラ売りはあまりされていなく、塊でゴロンと売っています

 

鳥ちゃんの丸焼き。

image

 

計り売りもやってくれるので一人で自炊するのに便利です。

image

 

お菓子コーナー。

image

オーストラリアといえば、カンガルー、コアラ、ティムタムというレベルで大人気のチョコレート。普通のチョコレートから、チョコバナナ、コーヒーなどいろんな味があります。

 

ポテトチップス。値段的に日本と変わらないのかな?お菓子食べないからわかんないや。

image

 

 

ドリンクコーナーの一角。

缶コーラの山。日本ではコストコぐらいじゃないと見れなさそう。

image

 

 

牛乳ちゃん。

こっちでは紙パックよりプラスチックの物が主流。280mLから3Lまで家庭に応じて幅広く対応。

image

 

 

お米はいつもこの赤いやつ、ミディアムグレインを買っています。これが一番日本米に近い。

 

image

 

 

 

 

冷凍食品も豊富。

たまにお世話になるピザ。 安いものだと300円から。お得。

image

 

 

そして毎日お世話になってるアイス様。

日本よりも断然安い。どうやったら断アイスできるのか考え中。

image

 

 

 

 

 

そのほか、日常生活品も普通に売ってます。

 

image

 

 

 

さて、お会計。

大手のスーパーなどはだいたい普通のレジ(たくさん買った人向け?)と、

 

image

 

 

セルフレジがあります。初めはセルフ戸惑いましたが、慣れると余裕です。

image

 

 

そんなわけで、colesにお邪魔しました!

 

 

ちなみにこちらがライバルのwoolworths

image

 

 

 

 

 

上手に買い物する方法

そんなわけで、今日はスーパーでの買い物編でした!

 

さてそこで、オーストラリアのスーパーで上手に買い物するポイントを2つみなさんに伝授します!

 

①自社ブランドの商品を選ぶ

オーストラリアのスーパー coles、woolworthsは自社ブランド商品が非常に多いです。自社ブランド商品は三分の一くらいあるんじゃないかな?

image

 

こちら2Lのジュースが2ドル。

 

image

 

500gのスパゲッティが65セント。 普通のは1.50ドルくらい。

 

いつものアイスも安いもので日本でいうパーティサイズが2.20ドル

かなりお買い得。

 

味も全然いける。

 

②特売を狙う

毎週何かしらの特売をやっています。平気で半額くらいまで値段が下がることもあるので、セールのうちによく使いそうなものをまとめ買いするのもGOODです。

僕は欲しいものがあったときはcolesとwooleorthsを両方訪れて、安い方で買い物をします。

 

 

 

というわけで、今回はスーパーマーケット編でした!

最後まで読んでくれてありがとうございます。

次回の更新もよろしくどーぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です