オーストラリア1万キロ自転車旅の持ち物を紹介します!②キャンプ道具編

うぃす!自転車旅crewのRoyです!

自転車旅の持ち物のまとめを記事にしています。

オーストラリア1万キロ自転車旅の持ち物を紹介します!①自転車周り編

引き続き自転車旅に必要な持ち物を紹介していきますね。

キャンプについて

僕の宿泊地は基本キャンプでした。いく先々にゲストハウスやホテルが毎日あるわけでもないことと、宿泊費がバカにならないので、キャンプを選びました。ですが、オーストラリアの満点の星空の下でキャンプ飯を食べながら寝るのも最高でした(当時の僕は星空の写真を取れる技術を持っていませんでした…残念!!)

自転車旅の経験が無いのに加えて、キャンプの経験もありませんでした。(笑)なので、最初は本当に何を持っていけばいいかもわからないほどでした…

今回はそんな試行錯誤の中、選ばれたキャンプ道具を紹介します!

キャンプ道具

テント:DOPPELGANGER ライダーズワンタッチテント T2-275

むっっっっっっっっちゃよかったです(ざっくり)。

ツーリングで一度ワンタッチテントの便利さにはまると、普通のテントに戻るのは不可能です(個人差はあります)。テント上部を引っ張るとシュッとテントが立ちます。ガチで20秒くらいでできます。疲れた体でテントを立てる気なんか起きない!そんな怠け者の夢が叶いました。自転車旅って、普通に疲れるんですよね(笑) 1日の走行が終わって「お腹すいた〜!メシ〜!!」って時に、テント立てる気分になんてならないっすまじで。

このテント、入り口の前に少しスペースがあるんですよね。ここに荷物を置けるので、テントの中に入れたくない汚いバッグとかはこの中に入れておけば、テントの中が汚れたり、盗難の心配も無くなります。

また、このテント雨もかなり防げます。雨の日は基本屋根のあるところを探してテントを立てるのですが、必ず見つかるわけでもありません。なので雨に当たることもしょっちゅうだったのですが、かなり水の侵入を防いでくれましたね。夜中急に雨が降った時に荷物が濡れる心配もないです。

img_0803 img_0806

テントって結構快適なんですよ?(笑)中はかなりゆったりしていて、斜めに寝れば足も余裕で伸ばせます(僕は175cmです)。最悪荷物も全部テント内に収納できてしまうほどの広さ。img_0805

ワンタッチなので、少し大きめで重さも多少あります(2.2kg)。ゆーてもそんなに重さを感じないほどです。リアラックに上手く収まってくれました。

img_0770

寝袋:kathmandu

img_0808

あったかいくせにめっちゃコンパクト。

寝袋は2種類持っていました。最初に使っていたのが左の寝袋。もはやこれを持ち運んでいたことがアホだと思う。

右、NEW寝袋(めっちゃ小さい)。

手前、メガネ(大きさを比較するため)。

エアマット

img_0804

テントに寝袋を直接敷いて寝ると、固すぎて寝れないので、これを敷きます。自転車旅は体を使うので、体調管理も万全にしたほうがいいです。

口をひねったら自動で空気が入るらしいんだけど、反抗期なのか上手く機能していないので、いつも頑張って口で空気入れてました。

枕:Sea to Summit Aeros Pillow

img_0812 img_0810

エア枕のくせにめっちゃふわふわです。外の周りの素材は布なので、肌触りも非常に良いです。たたむとこんなにコンパクトになります。小さすぎ。メガネは例のごとく大きさの比較対象です。

調理器具:イワタニ カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3

img_0790

アウトドアの醍醐味と言えば、食事ですね。僕も実際走ってる時は夜ご飯のことばっかり考えていたし、むしろ夜ご飯のために走っていたといっても過言ではないです。そんな僕が使っているのはこちらのコンロ。

非常にコンパクトで火力も申し分ないです。しかしこいつの一番良いところはCB缶を使える点です。詳しくはこちら。

アウトドア用のコンロはカセットボンベで使えるようなコンロって限られているんですよね。CB缶(カセットコンロのガス缶タイプ)はどこでも手に入る上に、安価なので旅のお供に最適です。

 

そして、Colemanの炊飯器。内蓋があるので、米と水を入れるだけで勝手にご飯ができてしまうという文明の利器

ふつうにパスタとかにも使うけど。

img_0791

フライパンはスーパーで売っているような普通のものを買いました。いわゆるアウトドア用のかっこいいやつって高いんですよね。バッグに空きがあったので、普通のサイズのものを買いました。あとはスープを作る用の小さい鍋もあると便利です。コーヒーも沸かしたりしてました。

最後に

以上、キャンプ用品の紹介でした。これは自転車旅以外にも普通にキャンプでもオススメです。

持ち物記事まとめ

オーストラリア1万キロ自転車旅の持ち物を紹介します!①自転車周り編

オーストラリア1万キロ自転車旅の持ち物を紹介します!②キャンプ道具編

 

では、次回の更新もよろしくどーぞ!

ROY
.
.
.
広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です