たった一つのことを意識するだけで、なりたい自分になる方法。

うぃす!自転車旅crewのRoyです!

皆さんは、尊敬する人や、理想の自分の姿を持っていますか?人間誰しも、自分の夢を叶えて、理想の自分になりたいですよね?

今回は、理想の自分になれる簡単な方法を伝授します。びっくりするほど簡単なので、この記事を読み終わったらぜひ実践してみてください。

たった一つのことを意識するだけで、なりたい自分になる方法。

先日のツイート

先日、掘正岳著の『ライフハック大全』という本を読んでいました。

その中で気になる文章を見つけたので、思わずツイートしてしまいました。

ちょっと昔話をします。

僕の一人称は物心ついた時からずっと「オレ」でした。ハタチを終え、ちょうど21歳になるタイミングで、今後の人生でどんな人間になりたいかを考えたことがありました。その時に、「強い人より優しい人になりたい」と思いました。優しい人になるためには、まずは言葉遣いから直そうと思いました。優しい自分になりきるために、その時に一人称は「僕」に変えました。

最初はもちろんぎこちなかったです。15年くらい「オレ」で生きてたのにいきなり「僕」に変わるなんて。

半年くらい経って「僕」に慣れてくると、友達に「なんか丸くなったよね」とか「なんか最近性格変わったよね」と本当に言われるようになりました。偽物だった「僕」が、本物の「僕」になりました。



“Fake it till you make it.”「上手くいくまでは上手くいっているふりをしろ」

言葉の力ってすごいと思っていて、口にも出せないような夢は絶対に叶うと思わないし、自分のなりたいもの・やりたいことを日頃から公言することによって、それが本当に叶うと思っています。

 

昔の僕も「強い人より優しい人になりたい」というなりたい自分を持っていました。

一人称を「僕」に変えることで、「優しい自分」を演じ続けました。

その結果、なりたい自分になることができました。

 

“Fake it till you make it.”「上手くいくまでは上手くいっているふりをしろ」という言葉があります。
活動の上で、自分の能力が至らないと思うことなんかいくらでもあるし、自信なんて全然ありません。それでも、なりたい自分を思い描いて、自分がそうであるかのように振舞っていくことによって、最終的になりたい自分になれると過去の自分が証明してくれました。

表ではあたかも自分に能力がある、知識があるように振舞って信頼関係を築き、裏ではコツコツ調べ物をしたり、努力をしたり。そうすることによって、いつの日にかなりたい自分に追いつくことができます。

まとめ:なりたい自分になる方法とは…

なりたい自分になる方法は、“Fake it till you make it.”

自分の理想に追いつくまで、自分の理想の姿を演じるだけ。たったこれだけであなたはなりたい自分になることができます。

あなたのやりたいこと、なりたい自分を口にして、演じ続けましょう。

最後に

僕はまだ何者でもないけど、いつかは尊敬する人たちみたいにかっこいい生き方をする。今は演じてるだけかもしれないけど、いつかその偽物の自分が本物になる日が来る。

 

ライフハック大全、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です