人生初のラフティングで溺れかけたお話。

うぃす!完全遅咲きドリーマーのRoyです!

皆さんはオーストラリアのケアンズという都市をご存知でしょうか?

ケアンズと言えば、ファインディングニモの舞台にもなったグレートバリアリーフでのスキューバダイビングや、スカイダイビングキュランダへの熱帯雨林観光などアクティビティーが盛んですね。

今回はそんなケアンズでラフティング(川下り)を体験して来たのでそのレポートをお伝えします!

ケアンズおすすめ、ラフティングならレージングサンダー

僕は今回、レージングサンダーアドベンチャーという会社のラフティングツアーに参加してきました!

1

この会社が運営しているラフティングツアーは全部で3つあり、レベルごとに別れています。

  1. バロン川半日ラフティング
  2. タリー川1日ラフティング
  3. タリー川1日ラフティング XTREME (インストラクターの指示の理解が必須で英語を要するという理由から、日本語サイトには載っていません)

今回僕は②のタリー川1日ラフティングに参加してきました!

一番難易度の高いXTREMEにしようかと思ったのですが、人生初ラフティングだし、泳げないので正直びびりました。笑

タリー川はどんなところ?

世界各国にラフティングの出来る川は数あれど、初めての方から経験者、また何回下っても楽しい川は世界中に数本だけ。そのすべての条件を満たし、そして世界各国のリバーガイドが技を磨きに集まる憧れの川がタリーなのです。
最長14キロのコースには44ヶ所もの早瀬があり、アラームクロック、忍者シュート、シアター、ステアケース、ウェットアンドモイスティーなど世界的にも有名な激流を経験豊富なラフティングガイドと共にチャレンジできます。
(公式ホームページより引用)

どうやらむっちゃいい感じらしい(ざっくり)

ラフティングができる川には、1〜6までのグレード(難易度)が設定されています。このタリー川は初心者が挑戦できる最大難易度のグレード4と設定されています。

北海道ニセコの尻別川はグレード3〜3.5ですのでそれより激しいです。(北海道トーク)

ケアンズのレージングサンダーに行ってみた

6:30 ホテル出発

タリー川まで2時間くらいかかるので、朝が早いです…が、嬉しいホテルからの送迎付き!自分の泊まっているホテルを事前に連絡しておくと、ホテルの前までバスが迎えに来てくれます。

レージングサンダーのオフィス前に到着します。着いたらこちらで受付です。シューズレンタル(5ドル)もしているので、わざわざラフティングの為にサンダルを買う必要はないですよ。

img_1528

7:20 バスでタリー川へ

バスでタリー川まで向かいます。朝早いので、みんな寝てました。笑

休憩&朝食タイムでコンビニのようなところに停まります。

9:00 到着&着替え

ようやくタリー川に到着です。荷物はバスのトランクに全て置いていきます。ケータイ貴重品も全てです。盗難事故は過去にないようですが、念のため高価なものなど必要ないものはホテルに置いていきましょう。

着替えですが、このような長袖を無料で配布しています(冬季限定?)。水に濡れても大丈夫なヒートテックみたいなイメージです。

これと、ベストヘルメットを装着し、パドルを持って、いざ、出発です。

DSC_0359.JPG

タリー川、むちゃくちゃ綺麗です。幸いお天気にも恵まれたので、水も透明で透き通っていたし、自然の緑も大変素敵でした。

1ボート6〜8人に分かれます。僕は日本人のグループに入りました。ガイドさんは外国人で、片言の日本語でした。

ボキャブラリは「マエ〜」「ウシロ〜」「話キカナイト死ヌヨ」の3つでした。

むしろ英語で言ってくれた方がわかりやすかった。

夏のピーク時には日本人のスタッフもいるようですし、ほとんどの外国人スタッフも日本語を少し話せます。英語ができなくても全然問題ありません。安心して楽しみましょう。

tully_map_large.jpg

(引用:http://www.ats.co.jp/images_sub/tully_map_large.jpg )

マップはこんな感じです。さすが14km、お楽しみ満載です。

どうやらチェックポイントのようなものがあり、流れが急なところや、絶景スポットがあるようですね。

11時半頃 昼食

川の途中に休憩所があるので、そこに停まってお昼ご飯と休憩です。ホームページにお昼はBBQと書いているけど、BBQで焼いた肉のハンバーガー1つでした。笑

12:00 午後の部

お昼休憩地点はまだ全体の3分の1!まだまだこれからですよ!終了まで、ノンストップです。

 

ここからはその日のハイライトをスライドショー感覚でお楽しみください。

写真で改めて見ると結構流れすごい(笑)

DSC_0651.JPG

ここやばいところです。むっちゃ流れが急でぐわんってなります。

DSC_0522

決定的瞬間。

あー、やばい。

DSC_0523

はい、落ちた。

DSC_0524

これはおもろいww

DSC_0525

溺れているところをピン写(マジで落ちた瞬間やばかった)。ごちそうさまです。

DSC_0527

救出待ちです。助けてください。

この時このおっちゃん大爆笑してます。

DSC_0528

 

はい、とまぁこんな感じでした!

結構余裕かなと思いつつも、まぁ落下しましたね(笑)

 

ラフティング終了後はバスで午前に寄ったコンビニに1時間ほど立ち寄り休憩を取ります。

そこでその日に撮った写真の販売をしています。プロのカメラマンがそのチームを撮影してくれます。データは70ドルで売っていますが、グループの人と一緒に買って、データをシェアするとお得なのでメンバーの顔を覚えておきましょう!

 

まぁ正直、思っていたよりも激しくなかったです。(落ちておいて何を言うか。)

初体験ということもあり、すごく楽しい体験でした!

14kmにも渡る長旅でしたが、終わる時は もう終わり?という気分でした。

僕は7月、オーストラリアの真冬に行きました。ケアンズは年中真夏気候ですが、流石に水は若干冷たいです。天気がいい日とかはみんなで川で泳いだりとかもしますが、上がった後、服が乾くまではちょっと寒いです…

ケアンズに行く際はぜひラフティングも!

いかがでしたか?ケアンズといえばグレートバリアリーフでのダイビングが主流ですが、ラフティングもなかなか魅力があります。ラフティング自体も魅力的なのですが、オーストラリアの大自然も一緒に楽しめるのがこのツアーの魅力の一つでもあります。綺麗な森林や、迫力満タンの滝。是非普通の人とは違った体験をオススメします。

では、次回の更新もよろしくどーぞ!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です