辞書登録で作業効率化!iPhone、Macでの登録方法・やり方

スポンサーリンク



こんにちは!改めまして、旅する自転車のロイです^^

みなさん、スマホやPCで辞書登録ってやってますか?

「長い文章の入力がめんどくさい…」「変換で出てこない単語を打つのが大変…」

そんな悩みを抱えてる人はぜひこの辞書登録をしてみてください。作用効率化するのに必須の機能の一つですよ!

今回の記事では、辞書登録をしたほうがいい理由→方法→どんな単語を登録すれば良いのか をシェアしていきますね。

辞書登録をしたほうが良い理由

1.時間を節約できる

辞書登録をしたほうが良い理由の一つとして、入力の時間を節約することができます。

日常でよく使う文章ってありますよね?「ありがとうございます」とか「お世話になっております」とか。こういう日常でよく使うけど長いものとかは辞書登録をして、文章入力の時間を節約できます。

2.固有名詞などの特殊な文字が予測変換で出る

人や企業、固有名詞の名前って通常の予測変換では絶対に出てこないんですよね。僕の勤めている「TABIPPO」という社名も絶対に予測変換では出てきません。(笑) 僕の本名も一発で予測変換は出ません。毎回時間をかけて入力や変換を繰り返すのは膨大な時間がかかります。

3.入力ミスを防げる

なるほど!って思われる方もいると思います。辞書登録をすることによって、人的な入力ミスを無くすことができるのです。

例えば、弊社が運営している旅のイベントに「BackpackFESTA」というものがあります。大文字や小文字のバランスなどが面倒でいかにも入力ミスをしそうですよね?まさか自社のイベント名を間違えるわけにもいきません。辞書登録をしておけば、「ば」と入力するだけで間違いの無い正式名称が出てきます。

また、自分のアドレスなんかも登録するのもおすすめです。僕は「あど」と入力すれば「xxx.xxxx@gmail.com」が出てくるように登録しています。かなりの時短にもなるし、入力ミスがなくなるのでかなり便利ですよ。

辞書登録のやり方・方法

iPhone編

  1. 「設定」→「一般」に進む
  2. 「キーボード」に進む
  3. 「ユーザー辞書」に進む
  4. 右上の「+」をタップ
  5. 「ユーザー辞書」の「単語」に登録したい単語を、「よみ」に何を打ったら該当の単語が出てくるかを入力する
  6. 右上の「保存」を押して、該当の単語が表示されたら終了

Mac編

※iPhoneで設定したものは自動的に同期されてPCでも使用可能になります。

  1. 「システム環境設定」から「キーボード」を選択
  2. 「ユーザー辞書」をクリック
  3. 左下の「+」をクリック
  4. 「変換」に登録したい単語を、「入力」に何を打ったら該当の単語が出てくるかを入力する
  5. Enterを押して設定完了

辞書登録のおすすめの項目

ではどんなものを辞書登録をすれば良いのか、その具定例を5つ挙げてみます。

固有名詞

人物名、企業名、イベント名などの固有名詞。基本的に予測変換に出てこないので、いちいち入力する手間が省ける。

個人情報など

住所、メールアドレス、電話番号など。入力する機会が多いものは基本入れてます。ただし、クレジットカードは安全面を考慮して登録はしていません。

よく使うフレーズなど

「おはようございます」、「ありがとうございます」、「お世話になっております」、「よろしくお願いします」などの挨拶。また、「札幌」「東京」、「コミュニケーション」、「コミュニティ」、「組織」、「リーダー」など、頻繁に使う単語を入れています。

URL

自分のブログのリンクやイベント、メディアのページなど、他人によく送るものは基本登録しています。

記号や図形、よく使う顔文字

資料作りや、SNSでの投稿を見やすくするための記号を入れています。

▼、◾︎:「さんかく」の「さ」や「しかく」の「し」

└:(けいせんって読みます)「け」

【】:「かっこ」の「か」

→:「やじるし」の「や」

👇:「ゆび」の「ゆ」

😆、(^^):「かお」

辞書登録で作業効率化!

以上、辞書登録の意義とやり方でした!

辞書登録によって時短になり、正確性がよりアップします。こういう小さいけれど日常でよく使うものからどんどん作業効率化をしていきたいですね。

 

新しい世界に足跡付ける、旅する自転車のロイでした!
次回の更新もよろしくどーぞ!

スポンサーリンク