新人が意識するべき3つのこと

スポンサーリンク



こんにちは!改めまして、旅する自転車のロイです^^

先日社会人1年目の方に向けてこんな記事を書きました。

入社1年目の教科書から学ぶ、「1年目」に大切なこと。

社会人に限らず、新しいコミュニティの1年目の方全員に読んで欲しい記事でした。

今回はそれの第二弾「新人が意識するべき3つのこと」と題して、1年目の方が意識するべきポイントを共有します。

1.最強のカマスになること

「水槽のカマス」から学ぶ、社会人1年目に求められていること。

「水槽のカマス」という話があります。詳しくはコチラの記事を見てほしいのですが、要約するとこういう話です。

水槽の中で普通に暮らしていた好奇心旺盛のカマスが、水槽の中に入れた壁(障害)のせいで餌(選択肢)にたどり着けなくなってしまいます。次第に「どうせ壁のせいで取れっこない」と、カマスは思い始め、壁がなくなった後でも障害があると思い続けて餌を取ることを諦めています。

そんなカマスの中に、1匹の真新しいカマスを水槽の中に入れます。そうするとその何の偏見も無いカマスは餌へと一直線に向かって行きました。それにつられて他のカマスも餌に向かいだし、好奇心旺盛のカマスに戻ることがきます。

この「水槽のカマス」の話を「組織」に置き換えて考えてみましょう。

「学習性無力感」に陥った(餌を食べない)カマスはあなたの先輩方です。目の前に餌(選択肢)があるにも関わらず、自分でその可能性を追いません。そこで、「真新しいカマス」である社会人1年目のあなたが、組織が固定概念を持っていて挑戦しなかったことに挑戦するのです。社会人1年目に求められているものは、あなたが新しいカマスとして周りを刺激する力です。

もちろん経験や情報量は上司には敵いません。ですが、あなたの上司が知らずに「無理だ」「できっこない」なんて勝手に決めつけていることって結構多いのです。そこであなたがあなたが「新しいカマスとしてどんなことができるか」を考えて実行していくことが大切です。経験がないからこそ、あなたができることはたくさんあるはずです。

丁寧に信頼関係を積み上げる

とにかく意識してほしいのが「丁寧に信頼関係を積み上げる」こと。全ての仕事の基礎は信頼関係にあると思っています。良好な人間関係を築くことで全てが潤滑に進みます。

コミュニケーションを多く、丁寧に取ることが大切です。即レス、言葉遣い、ホウレンソウの徹底、提出物の期限は守るなど、当たり前のことをするだけで評価が上がります。そうすることによって、どんどん信頼され、仕事ももらえるようになり、結果的に自分の成長に繋がります。

そしてこれはサッカー日本代表の本田圭佑選手の言葉です。

「どっかでテイクしますよ。今はギブに努めて。」

正直新人のときは自分に余裕なんてありません。仕事も覚えなきゃいけないし、周りの同期とも差をつけたいと思います。ですが、そんな常に上に上がるためのチャンスを求めている世界だからこそ、「人のために」動いてください。ひたすらGIVEを続ける事によって周りの信頼を勝ち取り、仕事が回ってくるようになったり、サポートしてもらえるようになります。そうして結果的に、自分が与えていてものが返ってきてより大きな成果を残すことができます。

受け身ではなく主体的であれ

社会人は何でも仕事を教えてもらえるわけではありません。とにかく自分で動いて、自分から情報や仕事を取りに行くようにしてください。

言われたことだけをやっていても何も成長しません。目的を明確にし、成果に貢献するためには何をすべきかを自分で考え行動することによって成長することができます。分からないことがあっても先輩や上司に聞く前にまずは自分で考えてみましょう。「これどうやるんですか?」ではなく、自分で考えてから「こう思うんですが、どうですか?」と聞くようにするだけで、上司はあなたにどんな視点が足りていなかったのかのフィードバックもくれるでしょう。

また、現状の文句や不満を言っているようではいけません。自分でその現状をどう変えることができるのかに頭を使ってください。「もっとこうだったらいいのになー」という不満は成長するチャンスです。同じように思っている人もおそらくいるはずで、それが上司が気づいていない組織の問題になっているかもしれません。積極的に主体性を発揮して存在価値を高めましょう。

主体的に動いているだけで仕事が楽しくなってくるはずですよ。

意識をするだけで変わる

以上、新人が意識したい3つのことをまとめました。この話に能力は関係ありません。今日から意識をするだけであなたの行動は変わってくるはずです。

1年目から成果を残して、どんどん成長していきましょう!

 

新しい世界に足跡付ける、旅する自転車のロイでした!
次回の更新もよろしくどーぞ!

スポンサーリンク